医院案内
Clinic
topへ戻る topへ戻る

 お支払い方法

Payment method

神谷デンタルクリニックでは、

現金によるお支払いの他
電子マネー(PayPay)での
お支払いも承っております。
詳細はお問い合わせください。

 医療費控除について

Medical deduction

医療費控除とは

医療費控除とは、ご自身や、生計を一つにする配偶者、その他の親族のために1年間(1/1〜12/31)に支払った医療費の合計が10万円(総所得金額等が200万円未満の場合は、総所得金額等の5%の金額)を上回った場合、確定申告の手続きによって一定の金額を所得金額から控除できる制度です。また、過去の分についても、「申請したい年の源泉徴収票」「書類」「医療費の領収書」が揃っていれば過去5年間にさかのぼって医療費控除が受けられます。
医療費控除の手続きは、医療費控除に関する事項その他の必要事項を記載した確定申告書を、お住まいの住所を管轄する税務署に提出するか、電子申告(e-tax)にて申告してください。

医療費控除
医療費控除の計算方法

医療費控除の
対象となる金額

計算結果がマイナスの場合には医療費控除の対象にはなりません。また、医療費控除の対象となる金額は最高200万円までになります。
=

その年に支払った
医療費の合計

1年間(1/1~12/31)に支払った医療費の合計。通院に利用した公共交通機関の交通費も含みます。
-

保険金などで
補てんされる金額

生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費、家族療養費、出産育児一時金など
-

10万円

10万円、または1年間の総所得金額等が200万円未満の場合は総所得金額等の5%になります。

軽減される税額

=
所得税の還付金額

医療費控除の対象となる金額 × 課税所得金額に
応じた所得税率

=
住民税の減額金額

医療費控除の対象となる金額 × 住民税率
一律10%

実際に医療費控除が

適用された場合の費用例
実際に医療費控除が適用された場合の費用例
実際に医療費控除が適用された場合の費用例

●軽減される税額の早見表

課税される所得金額 税率 1年間で支払った医療費の総額
(保険金などで補てんされる金額が無い場合)
50万円 100万円 150万円
所得税

住民税
軽減される税額
195万円以下 5% 一律
10%

60,000

135,000

210,000

195万超え330万円以下 10%

80,000

180,000

280,000

330万円超え695万円以下 20%

120,000

270,000

420,000

695万円超え900万円以下 23%

132,000

297,000

462,000

900万円超え1,800万円以下 33%

172,000

387,000

602,000

1,800万円超え4,000万円以下  40%

200,000

450,000

700,000

4,000万円超え 45%

220,000

495,000

770,000

対象となる医療費

●歯科治療で医療費控除の
対象となるもの

  • 保険診療・自費の歯周外科や根管治療・
    自費の入れ歯・セラミック治療・
    インプ
    ラントなど
  • 発育段階にある子どもの成長を阻害しない
    ようにするために行う不正咬合の歯列矯正
  • 交通機関(電車・バス・タクシー)による
    通院費(家族を含む)

●医療費控除の対象とならないもの

  • 容姿を美化し又は容貌を変えるための
    歯列矯正・ホワイトニングなど
  • 診断書・証明書などの文章作成料・
    自家用車のガソリン代・駐車料金
病状などに応じて一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額が対象となります。

詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。